2014年08月21日

WiMAX2+対応機器を比較(HWD14/NAD11/HWD15)





通信量が無制限のモバイル通信は今やWiMAXのみ。
そして、そのWiMAXの新しいサービス、WiMAX2+が開始されて10カ月。
本日は今更ですが、現在WiMAX2+対応の3機種について、それぞれどの様な違いがあるのか?について分かりやすく表にしてみました。
現在、WiMAX2+の契約をご検討中の方の参考にして頂ければと思います。


WiMAX2+ 対応機器比較
HWD14NAD11HWD15
発売日2013/10/312014/6/202014/8/1
使えるエリア
------
WiMAX
WiMAX2+
au 4G LTE

------



------


×

------


WiMAXハイパワー未対応対応対応
バッテリー駆動時間
------
WiMAX
WiMAX2+
au 4G LTE
連続待受

------
9時間30分
9時間
9時間10分
950時間

------
10時間30分
7時間
-
300時間

------
9時間40分
10時間50分
10時間
970時間
サイズ
------
高さ

厚み
重さ

------
100mm
62mm
15.5mm
140g

------
109mm
65mm
8.2mm
81g

------
104mm
64mm
14.9mm
140g
クレードル未対応対応対応
無線LAN規格IEEE802.11b/g/n(LAN)IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)
IEEE802.11n/g/b(2.4GHz帯)
WAN IEEE802.11a/b/g/n
LAN IEEE802.11b/g/n
キャッシュバック22,700円20,300円19,300円


※au 4G LTEエリアは別途料金が発生します。
 (1005円/月 一カ月7GBまで)
※連続待受時間は、設定モードにより異なります。
※キャッシュバックは2014/8/21現在
 (GMOとくとくBB)

まとめ
重要なところは赤色にしてみました。
はやりHWD14HWD15は、プラチナバンドを使ったLTEが使える為(別料金がかかります。)、使えるエリアが広い点に注目です。(WiMAXとはエリアが格段に違います。)
一方NAD11は軽量・スリムで持ち運び便利です。LTEは使えませんが、LTE接続には1,005円の別料金が必要な為、そもそもLTEが必要ない人にはこちらがお勧め。また、WiMAXハイパワー対応の為、WiMAXの受信感度は良い様です。
とにかく、重く・大きくても良いのでサービスエリアが広く、受信感度も良い機種が欲しい人はLTEも使えて、WiMAXハイパワーも対応のHWD15がお勧めです。
HWD14のお勧めできる点は、基本的に新機種のHWD15をお勧めしますが、契約時のキャッシュバックが一番貰える点です。


↓↓↓月額基本料の安さとキャッシュバックで一番お得なリンク!!
(プロバイダ比較の記事もご参考に!!(HWD15にて比較))





↓↓↓UQから直接契約したい方はこちら
(UQのオンラインショップ。特典付リンク!)








posted by kazu at 17:43| Comment(0) | モバイルルーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近のコメント
RDF Site Summary
RSS 2.0
タグクラウド

----------------------------------
当ブログ運営者kazuの情報配信コミュニティー


live_icon_small.pngkazu@湾岸放送局
ツイキャスで生放送しています。

ライブ中にサイトにお越し頂くとコメントで参加できます!


youtube10.pngkazuのYoutube
空撮・車載動画等をアップしています。一度覗いてみて下さい♪


代表的な動画はこちら↓↓↓

<空撮>





<車載> C920tにて撮影!






----------------------------------
【kazuが運営している他のサイト】

kazuのネットチャンネル
家電・おもちゃ等の気になるものについて書いてます。

kazuのブログ(アメーバ)
kazuの日記的ブログ

kazuの英語カフェ
英語の勉強方法等について書いています。

EL DORADO 雑貨
毎日が特別で楽しくなる様な、、そんなオシャレで楽しい雑貨を集めてみました。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。